アルツハイマーは食生活が決める【重要成分をたっぷりしっかり摂取】

婦人

自律神経と血圧の関係

サプリメント

自律神経と血圧の関係

高血圧の原因には、一般的に知られる塩分や水分の摂りすぎ、加齢による下半身の筋力低下、血液の酸化などといったものの他に、「自律神経の乱れ」があります。自律神経が乱れることで、交感神経が活性化されると、心拍数が上昇してストレス状態が継続することになります。そのような状態が続くと、心臓や腎臓など内臓器官に負荷がかかり、血圧が上昇することになります。またストレスが血液の酸化、血管の収縮をまねくため、それも高血圧の直接的な原因となるのです。自律神経が原因の高血圧は、自律神経を整えることで解消します。そのためには、生活習慣を改めることが大切です。またストレス解消や、精神安定に作用する神経伝達物質「セロトニン」の分泌を促すサプリメントを摂ることも、自律神経を整える上で効果があります。

生活改善をはかる

自律神経が原因の高血圧を改善するためには、生活習慣の改善を行い、セロトニン分泌を促すことが大切です。そのためにはサプリメントを摂取するのも効果的です。生活改善のためには、ストレスを溜めないようにすることです。寝食のタイミングを整えて一定のリズムで生活すると良いでしょう。特に早寝早起きをして朝日を浴びると、セロトニンが大量に分泌するので、自律神経を整える上で効果が高いです。またその他にも、腸内環境を整えて免疫力を上げるために、乳酸菌や納豆菌、フコイダンといった栄養素を摂取しましょう。それらはサプリメントから摂取すると効率が良いです。サプリで免疫力を上げることで、血管を強化したり血液の酸化を防ぐ効果があります。